勃起障害

誰もがみなぎる精力剤

勃起は体内プロセスや心理的影響のどちらに不都合があっても勃起不全に
陥ってしまう可能性があります。

心に原因があっても体に原因があっても勃起不全は起こるのです。

器質性勃起不全とは脳や神経に障害があったりペニスの血管に障害があったり海綿体の
障害やや男性ホルモン分泌障害などが原因です。

心因性勃起不全は機能性勃起不全とも言われ、体自体には異常はないが精神的な原因が
神経伝達物質からの性的興奮を海綿体へ作用しなくなることが原因だと言われています。

つまり心因性も精神的な原因によって勃起のメカニズムの一部に不具合が生じることで
起こる病気なのです

30代〜40代は心の問題、50代以降は体の問題が原因である場合が多いです。

勃起不全は心因性と器質性の2種類に分類され、その割合は心因性勃起不全が全体の
52%で器質性勃起不全が48%となっています。

ただ、この比率は年代で異なり50代以降になると器質性勃起不全の割合が大きくなり
40代以前では心因性勃起不全が大部分を占めています。

このようない同じ勃起障害でも、年齢などの違いにより、その原因は異なります。

また動脈硬化などを患うと勃起不全になるリスクは非常に高くなります。

加齢によって発症しやすくなる臓器疾患や血管障害によって動脈硬化が進行するので
高齢になると勃起不全を合併しやすくなる大きな理由と考えられています。