精力剤の影響

誰もがみなぎる精力剤

精力剤にはじつにたくさんの成分が含まれています。

効き目は、精力減退やさらには勃起障害の改善などです。これらの原因になっているのは、
血流の停滞、ホルモンの分泌が上手くいかなないという事などが挙げられます。
これらを解消する時に精力剤が非常に有効です。

精力剤には医薬成分とそれ意外の成分があります。
まず医薬成分には、テストステロンとかメチルテストテロンやストリキニーネ、
更にはヨヒンビンなどです。どれもホルモンを生産するために効果を発揮します。

医薬品以外の物はオットセイの陰茎や睾丸を精力剤として仕様されます。
カロペプタイドという成分を含んでいるので末梢血管を拡張させて、陰茎の勃起を促します。

即効性が高いので、いざとという時に力を発揮してくれます。

他にタツノオトシゴ〜アミノ酸、タンパク質、脂肪を含んでいて肝臓帰還を
強化していくのと一緒に、強壮薬とか疲労回復、鎮痛、インポテンツなどの
精力増強を併用するのも効果を期待できます。

マムシなんかもよく精力増強に効果があると言われています。
内蔵を取り除いて黒焼きにしたものをハンピ、堪能を乾かしたの蛇胆と呼んでいて、
漢方薬の生薬となっていたりします。

しかも、全アミノ酸20種類のすべてをふくんでいるので、血行促進、滋養強壮にも
非常に効果を発揮します。