ED治療薬の影響

誰もがみなぎる精力剤

米国泌尿器科学会のEDの定義は「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、
もしくは維持できないこと」となっています。

日本におけるEDの有病率は、1998年の白井らの報告によると完全型ED(常にできない)
、中等症ED(しばしばできない)を合計すると1130万人(40代が20%前後、50代が40%前後、
60代が60%前後)と高い有病率を示し、軽症ED(たまにできない)を含むとそれ以上が
EDと報告されています。

また、男性不妊の原因の20.7%が勃起障害であることも判明してきました。
EDの分類は、身体に問題のない機能性と問題のある器質性に分けられます。
機能性には心因性と精神病性、器質性は血管性、神経性、内分泌性、陰茎性に
分類されるが心理的なものやそれぞれの身体的障害が重複する場合もあります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、男性が服用することによって、
いずれも体の血管を拡張させ、全身の血液の巡りを良くし、特に海綿体の血管を拡げる
ことによって勃起を補助する薬剤です。

脳の性欲中枢に働きかける催淫剤や、性欲増進剤ではありません。ですから、ED治療薬は、
タバコのニコチンやお酒のアルコールの様に、依存性、中毒性、耐性、妊娠への心配はありません。

ED治療薬の元祖、バイアグラは従来ニトログリセリンに取って代わる狭心症、心筋梗塞の
予防薬を開発中にたまたま勃起という副作用がある血管拡張剤ができたことから
生まれました。